2018年01月05日

【サンスクエア健康講座受講者向け】 12月23日(土) ■テーマ「姿勢の改善」について 

こちらは、現在僕が担当している健康講座の内容を参加者に分かりやすく解説していくページです。
講座に参加された皆さんをはじめ多くの方に読んで頂ければと思っています。

 

はじめに ご参加の皆さんへ

先日、講座に参加して頂きありがとうございました。多くの方に参加して頂き自分自身の身体のより良くしていこうと思うみなさんの気持ちに応えていきます。
来年からも指導に力を入れていきますのでよろしくお願い致します。

講座の内容を分かりやすく簡単に実践できるようにまとめていますので上の方から順を追って読み進めてください。

 

 

ステップ① テーマ「姿勢」

毎回テーマを変えて講座での指導をしていますが今回は姿勢。多くの人が自分の姿勢を気にしていると思います。
しかし、正しい姿勢とはなんでしょうか?それは、どういう状況でも適応しやすい身体の柔軟性がポイントになってきます。
解剖学的には、安静立位での姿勢が決まっています。
講座の中ではまず自分の今の身体の姿勢がどうなっているかを知ってもらいます。

出典:北九州整体院

  1. 自分の正しい姿勢を知ってもらう為に垂直の壁に背中をつける。
  2. 猫背の人は、頭が前へ。平背の人は、腰が丸まる。反腰の人は、腰が壁に付きにくい。図にはありませんが巻肩の人は、肩が壁につきません。
  3. 自分の姿勢のタイプが分かってきたら、体幹のトレーニングとストレッチをしていきます。

 

 

 

ステップ② 姿勢を改善す為の2つのストレッチ

1.背骨の柔軟性を高めるためのトレーニング「キャット&ドッグ」


まずは、四つ這いになります。


背中全体を反らしていきましょう。


次に身体丸めていきましょう。

※まずは、この動きを滑らかにできる様にしましょう。回数は、10回×3セット

 

2.肩と背骨の位置を元に戻す。捻転(ネンテン)ストレッチ【肩こり解消】

横向きに寝て、上の足を前へ。上の腕は後ろへ回す。(肩甲骨を意識)

※無理をせずに自分のペースで行いましょう。呼吸は止めずに吸って吐きましょう。30秒~60秒。
しっかりとやれば肩こりがスッキリとなくなります。

 

 

 

 

ステップ③ 棒ストレッチ×体幹トレーニング

棒ストレッチは、棒術と空手の準備運動を取り入れた木製の棒を使って体の足から身体の中の感覚を呼び覚ますトレーニングです。
3ヶ月続けていくと身体の安定性が高まり、バランス感覚が良くなり足の筋肉がつき機能性が高くまります。

 

講座で取り入れている体幹トレーニングは、3つです。

  • プランク(エルボー・トゥー) 10秒間
  • レッグレイズ(脚上げ腹筋) 10回×3セット
  • ヒップレイズ(お尻揚げ)   8回×3セット

※回数を重ねるたびに秒数や回数は多くなりますので毎日ご自分での運動を続けてくださいね。

 

■プランク  10秒×3セット

 

 

レッグレイズ 10回×3セット

※動作は、動画の様に早くなくて大丈夫です。自分のできる範囲で行いましょう。

 

ヒップレイズ 8回×3セット

 

 

最後に

こちら紹介していきましたトレーニングなどは、自分できる範囲で行っていきましょう。自分の身体を見つめなおす為にするものですから誰と競うものでもありません。
毎日少しずつする事によって身体はそれに応えて変わっていきます。

 

 

2018年01月05日 | Posted in サンスクエア健康講座 | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です